モビットの審査に落ちないための心得

モビット審査

他社の借入があるけれどもモビットのカードローンに興味をお持ちの方は少なくないでしょう。他社にはないweb申し込み完結を利用すれば秘密に借入できる、バレるリスクを最大限少なくした審査方法で借入にのぞめます。しかし審査基準自体はどの様なものなのか気になるとこですね。まず審査では返済能力が何より求められます。収入面で特に問題がなければ、次に他社の借入状況を信用情報への照会を通じてチェックします。他社での返済の遅延や延滞、また申し込み状況などから返済能力を見てきます。

 

仮に他社で延滞している、申し込みが複数社に渡っている事実はモビットの審査落ちの理由となります。何より他社への返済のための借入という疑念が生じるからです。また転職したばかりで勤続年数が少ない方は注意が必要です。安定して収入を得ているという条件から少し遠ざかります。またそもそも総量規制に抵触している場合には審査に落ちます。しかし住宅ローンや自動車ローンに関しては総量規制の対象外なためあまり気にする必要はありません。逆に審査を有利に働かせるものとして勤務先への在籍期間があげられます。長年倒産していない会社に所属していることは、何より利用条件である安定した収入を得ている証となります。また住居に関しては持ち家が一番信頼性が高いです。家賃が掛からない分、日々の返済に影響を及ぼすことがない点が評価されます。また賃貸住宅でも長い年数の居住実績があればカードローンの返済のように家賃を払い続けていることが返済能力として評価を得ることでしょう。

 

しかしながら審査を有利に進めたい、通過させたいという思いから申し込み時の申告に虚偽の記載をしてしまいがちです。カードローン審査は必ず信用情報の照会を通してあなたの個人情報や借入状況をチェックしますので、ウソは必ずバレます。最悪モビットでカードローン契約が出来ないばかりか、他社での新たな申し込み、または他社での利用停止につながる危険もあります。急にお金が必要な事態には冷静な判断が出来ない恐れがあります。これらの事を踏まえて誠実に審査にのぞんで下さい。

他社借入ある方は必見!総量規制によるモビットの審査への影響

モビット書類

すでに他社のカードローン契約をお持ちの方でも新たにモビットの利用を検討している方は必見!メガバンクである三井住友銀行のATM取り引きが手数料無料で利用出来る点を筆頭に大変利便性が高いため惹かれる方が多いようです。しかし他社のカードローンを利用している状況で、すんなりモビットの審査を通すことが出来るのか?いくら位借入出来るのか?不安や疑問は尽きませんね。

 

そこで他社利用中におけるモビットのカードローン審査をみていきましょう。他社借入がある方が避けて通れないのが総量規制になります。総量規制はお金を借り過ぎ、貸し過ぎを防ぐために国が貸金業法のもと定めた法律になります。よって消費者金融はカードローン利用者への年収3分の1以上の金額の貸し付けを禁止されてます。注意しなければいけない点は他社分を含めた総貸し付け額が対象となる事です。そこでモビットでの審査では必ず信用情報への照会を通じて現在の借入状況をチェックします。例えば年収300万円の方の総量規制における上限は100万円になります。既に他社に50万円の借入をお持ちの方は、どんなに審査の評価が高くとてモビットでの最高限度額は50万円に設定されます。また契約後の増額審査でも同様の事が言えます。

 

また仮に複数社において既に借入が100万円ある方は、いくら他の審査基準を満たしていても総量規制によりモビットでのカードローン契約は不可能になります。ただし自動車ローンや住宅ローンは総量規制の対象外ですので心配する必要はありません。またクレジットカードのショッピング枠についても対象外です。しかしクレジットカードのキャッシング枠はカードローン同様に総量規制の範囲になりますので注意しましょう。この様に他社借入がある方は総量規制の存在が圧倒的に審査に影響します。新たなカードローン契約を結んでも申し込み者の年収が増えない限り総借入額は変わりません。そして審査に落ちないためにも、他社利用分をしっかりと把握する事が大切です。

バレない在籍確認ここにあり!モビットのカードローン審査

モビットのカードローンを利用したい一番の動機とは?実はモビットでは審査における煩わしい勤務先への在籍確認の電話連絡を在籍確認書類の提出のみでOKとする所にあるようです。電話での在籍確認が嫌われる最大の理由はカードローン契約が会社や同僚に知られてしまうリスクがある事でしょう。

 

しかし他社のカードローンを検討中でしたり、すでに借入している方ならお分かりだとは思いますが、カードローンの審査において在籍確認は避けては通れない道となってますね。そもそも在籍確認とは虚偽の申請はしていないか?申告時の勤務先の記載に間違いはないかを確認する意味合いがあります。利用条件である安定した収入があるという基準を満たすために必ず行われなければなりません。

 

ただしモビットではweb完結申し込みを利用する事で電話での在籍確認を回避出来るんです。web完結申し込みとは申し込みから審査、借入までweb上で完結出来る申し込み方法となります。よって振込キャッシングによるカードレス、更にはカードレスのため自宅への郵便物がない、収入証明書による在籍確認によるバレたくない、秘密に利用したい申し込み者の理想の申し込み方法と言えるでしょう。肝心の気になる在籍確認書類ですが社会保険証や組合保険証になります。サラリーマンの方でしたら誰でも所持しておりますので準備は容易でしょう。ただし収入確認書類に給与明細書を選択していない場合は直近1ヶ月分の給与明細書を一緒に提出する必要があります。

 

この様に多少書類の種類が増えるという点では、手間がかかりますが勤務先への在籍確認連絡が回避出来るというメリットを考えればたいしたことではありません。審査をスムーズに進めるためにも事前に書類を集めて確認して審査にのぞみましょう。