自動車ローンの返済中にカードローンがどうしても必要になるケースはあるでしょう。カードローンと違って自動車ローンは残高が大きいですから、すんなりカードローンの審査が通るのか?そもそも総量規制に抵触するのでは?など疑問や不安がつきませんね。

 

単刀直入に言うと自動車ローンの返済中であってもモビットのカードローン契約は可能です。気になる総量規制に関して自動車ローンは対象外になります。総量規制は貸金業法で定められた年収3分の1以上の貸し付けを禁止するものですが自動車ローンの残高は含まれないため気にする必要がありません。これは住宅ローンのケースにも同じ事が言えます。そもそも自動車ローンは、カードローンと違い高額な貸し付けになるため審査がより厳密に行われます。この自動車ローンを銀行などの金融機関が審査通過させた事実は逆に一定基準を満たしていると判断されカードローン審査においても評価を得るでしょう。また自動車ローンの支払いを順調に行っていれば返済能力があるという印象を与えます。支払いが遅れずに出来ていれば信用を上げる証拠になります。

 

ただし一回程度の遅延であれば特別な事情を考慮されるでしょうが複数回に渡る遅延は返済能力の低さを露呈し信用を下げる証拠になります。なのでモビットから融資を受けるのは難しいでしょう。このようにモビットでは総量規制の対象外のローンであっても信用情報の照会によりローン残高の確認が可能です。そこで黙っていればバレないという考えは通用しません。カードローンの審査を通したいからといって絶対に申し込み時の必要事項に虚偽の申告をすることはやめましょう。この様にモビットのカードローン審査において自動車ローンは問題になりません。ただしローンの返済実績によってカードローン審査が有利、不利に運ぶことを頭に入れておきましょう。